自動車保険と交通事故示談が簡単にわかる基礎知識
自動車保険と交通事故示談が簡単にわかる基礎知識
自動車保険と交通事故示談と損害賠償保険に
ついての基礎知識が簡単に身につきます。
加害者、被害者ともに自動車保険の損害賠償額においては、
弁護士に代わり保険会社の査定員がいろいろと相談に乗ります。

自動車保険一括見積り
----------------------------------------------------------------
示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する
■■ 交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル ■■
これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!

5000.gif

■自動車保険とは?

自動車保険は、交通事故が起きた時の被害者の救済と、加害者の金銭的負担を援助するための制度です。被害者の医療費や車の修理代だけでなく、財物に損害を与えた場合も含めると、加害者が賠償する金額は相当な額になります。

自動車保険には次の2つの種類があります。

自賠責保険(強制保険/ジバイセキホケン)
自動車保険(任意保険/ニンイホケン)

これは、基本中の基本になります。


自賠責保険とは? ・・・Top

自賠責保険には、国から強制的にいれさせられます。
なので、強制保険とも言います。

自賠責保険に加入していないと、車が乗れません!

なぜなら、
新車だとナンバーがもらえません!
さらに、
自賠責保険に加入していないとことで車検けることが出来ないのです。

つまり、
車に乗って道路を走る為には、そうしても加入しなければならない保険です。


それでは、どこまで保障されているのでしょうか?

自賠責保険では、
『他人を死亡させたり、怪我をさせたりした場合に出る』
つまり、他人への損害賠償専用の保険となります。
ここでいう『他人』というのは、ドライバーと車の使用者以外の人を指します

死亡の場合の保険金は3000万円で、重度の後遺障害で4000万円、怪我などでは120万円という設定になっています。
この自賠責保険は、物などを壊しても保険は適用されませんので気をつけて下さい。


自動車保険とは? ・・・Top

自動車保険は「任意保険」ともいわれ、その名のとおり任意の保険です。
なので、自賠責保険のような強制される保険ではありません。

任意保険は大きくわけて4つの種類に分類することができます。

・人に対して賠償する「対人賠償保険」
・物に対して賠償する「対物賠償保険」
・同乗者に対して賠償する「人身傷害補償保険」
・自分の車に対する保険として「車両保険」

これらの任意保険も組み合わせることで、万が一に備えてより保障のあつい保険内容にすることができます。

自賠責保険が車の車種ごとに一定の金額が決まっているのに対して、
自動車保険は、年齢、運転免許の色、過去の事故(等級)、車の使い方、など、いろんな条件で保険の金額が算定され、加入者一人ひとり違います。

また、自賠責保険が「人」に対してだけの保険ですが、
自動車保険は人はもちろん、「自分の車」や「他人の持ち物」などの損害までも保険の範囲にしています。
特別な条件(特約)を設定すれと、自分の持ち物も保障の対象とする事もできる保険もあるようです。
 

 
 



交通事故を起こしてしまったときは
その瞬間から気が動転してしまう方が結構います。

もし、通行人と接触してしまった場合は、
被害者の安全を第一に考えてください。 

意識の有り無し、救急車の手配、警察への連絡が、
その場ですぐに取り掛かる事項です。

ほとんどの場合、周りの人たちが手伝ってくれます。
でも、
あなた本人も意識をしっかり持って
事に当たるようにして下しさい。

さらに、
駆けつけた警察官に、自分の言い分を主張したくなりますが、
警察は事故証明を発行するために、事故あった現場と状況の
記録をとるがけですので、聞かれて事に答えるだけにして下さい。


その場でのいろいろな手続きが終わったら
次にすぐにやってもらいたいのが、
車を購入したディーラーの担当者に連絡するのと
保険会社に連絡するとことです。

ディーラーの担当者が何かするわけではありませんが
人間関係がある程度できているなら
いろいろ意味で相談相手になってくれます。
または、
次の手順などもアドバイスしてくれます。

保険会社は、これから示談交渉をする要になるので
あなたの事情をよく説明するようにしてください。



示談交渉を圧勝するには『ある法則』があった!
示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する
■■ 交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル ■■
これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!

■運転中に考えていることは?

5日に発表された調査によると、車を運転する100万人以上が、道路よりもセックスのことを考えているということだそうです!

実はこの調査は、自動車保険会社が実施したものなんです。
ドライバーが、運転に集中しているのは運転している時間の75%に満たないと認めており、120万人は考えていると答えました。

もちろん、ドライバーたちが運転中に考えている「運転以外のこと」はセックスだけではなく、主に仕事のことを考えているドライバーが320万人、200万人は家族のことを考えているという結果が出ています。

 クランフィールド大学で運転に関する調査を調査結果について、「危険な習慣は身につくのも簡単ですが、それをやめるのも同じくらい簡単です。でも車を運転する人はまず、運転に集中しないと危険に直面するということを認識しなければなりません」とコメントしています。

調査ではまた、どんなドライバーが嫌われるかも明らかになった。
ドライバーは、うしろにピッタリつけて走るドライバー(28%が嫌いと回答)、車線オーバーをするドライバー(20%)、そして割り込みをしてくるドライバー(11%)だった。
ドライバーやノロノロ運転をするドライバーが嫌い、という回答も11%だった。
調査は成人ドライバーを対象に実施されたものんです。


示談交渉を圧勝するには『ある法則』があった!
示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する
■■ 交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル ■■
これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!

自動車を売却するときは。
■自動車の買取売却で必要な書類は何?

自動車の買取で必要な書類を事前に準備しておくことで、高額査定につながることもありえます。
あなたの気持ちの上で売却を決めているならは、売却に必要な書類を事前に用意しておくと有利に働きます。自動車の相場は日々変動しています。自動車をオークションに出品させようと考えている自動車の買取り業者、ショップ、ディーラーにとっては一日でも早くオークションに出したいものです。その時、売却に必要な書類が事前に用意されて即売却できるとなれば、プラス査定も十分考えられますね。
ちなみに、自動車の査定だけなら「車検証」と「自賠責保険証明書」があればOKです。

●自動車の売却に必要な書類リスト
・実印:印鑑登録証明書と同一の実印です。
・運転免許証:公的証明書が必要になります。パスポートなども可です。
・自動車検証:車検証のことです。車内のダッシュボードの中にありますね。
・自賠責保険証明書:加入が義務付けられている保険の領収書と証明書です。自動車検査証同様、ダッシュボードに入っています。
・自動車納税証明書:毎年5月に支払う自動車税の支払い証明書のことで、領収印のあるものです。紛失してしまった場合は、専用の書類に記入が必要になりますので、車の買取り業者に確認しておきましょう。
・委任状:自動車の買取り業者に名義変更を委任するためのもので、委任状は買取り業者が準備しています。また、委任状には実印は必要になります。
・譲渡証明書:委任状と同様です。名義変更に必要な書類なので、買取り業者が書類を用意してきます。同様に、実印が必要になります。
・印鑑登録証明書:各市区町村役場、もしくは出張所で用意できます。自動車を買い替える場合は、まとめて用意しておくと便利です。ただし、自動車の買取売却の場合は、発行から1ヶ月以内である必要があるので検討が必要です。

●自動車の売却に必要になることがある書類リスト
・住人表:自動車の車検証の住所から住所変更を1回している場合に必要です。
・戸籍の附表もしくは住民票:車検証の住所から住所変更を2回以上している場合に必要です。
・戸籍謄本:車検証の名前が、結婚等により変更している場合に必要です。

その他に、名義人が異なる場合や法人名義の場合は、車両の種類により必要になってくる書類が異なる場合がありますので、車の買取り業者、ショップ、ディーラーによく確認しておきましょう。

自動車保険と交通事故示談が簡単にわかる基礎知識】のコンテンツ
交通事故の示談
・自動車の示談とは何?
・自動車の交通事故の示談でどこまで解決できるの?
・自動車の解決できない交通事故示談の場合どうするか?

自動車保険と示談の関係
・自動車と損害賠償はどんな関係にある?
・自動車の損害賠償示談交渉とは?
・自動車保険会社と交通事故示談交渉の関係は?
・交通事故示談を代行した場合の法的な問題点とは?

交通事故示談の概要
・交通事故示談のプロは保険会社の交通事故査定社員
・交通事故示談の要点は?
・自動車事故の被害者側の損害賠償算定の注意点

弁護士会と任意保険の基準とは?
・自動車交通事故の弁護士会
・自動車交通事故の保険会社の損害賠償基準

示談交渉での被害者が準備するもの
・自動車交通事故で加害者が任意保険に加入していない時
・自動車交通事故で被害者が用意する資料は?

交通事故関連書籍
・交通事故防止の人間科学第2版
・事故る前に知っておく自賠責保険請求ガイド
・損害賠償の法律全集改訂新版
・交通事故民事裁判例集(第34巻第6号)
・交通事故賠償六法(昭和63年版)
・交通事故事件道路交通法違反強制捜査関係書類作成の手びき3訂版
・よくわかる労災・自賠責請求マニュアル(2004年版)
・交通事故防止と損害賠償事例
・交通事故の法律相談
・自動車事故・対応マニュアル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。